グラブル中級者のきくうし日誌

5年目中級きくうしのグラブル生活を綴る日誌

水有利火古戦場EX+2200万編成を考える 2022年9月版

 剣豪JMP『無銘金重』が不具合修正という名のナーフが行われたと話題になってますが、そんなことより!

 もう古戦場ですよ。

 これ書いてるの5日ですけど、投稿されてるのは6日かな?

 当日じゃん。

 

 ということで!

 本日は、私が出来る古戦場の肉集め編成を記録する記事です。

 理想編成などが知りたい方TwitterなりYouTubeなりを活用されることを推奨。

 

◇確認事項

 船炉アリです。

 この有無でダメージがだいぶ異なります。

 私の記事では船炉アリで行なっています。

 

 召喚石。

 基本的にコレです。

 メイン加護石がマグナと入れ替わったりすることはありますがサブとサブ加護はこれで固定です。

 火力に影響があるのはベリアル4凸、ザ・ムーン5凸、ガブリエルです。ついでに水着ベリアル石。

 

 ガブリエル石は1凸です。

 ダメージ上限5%しか伸びていません。

 

 水着ベリアル石は無凸です。

 カウンター目的で入れています。

 上限解放段階によるカウンターのダメージの差はありませんが、凸数が低いと被ダメージが高いというデメリットがあります。

 奥義軸の場合、ウーノがバリアを張ってしまうのでそれを貫通させるのにはかえって被ダメが高い方がよいですが、HPが低いとカウンターする前に落ちてしまうので注意。

 

 EXスキル。

 この記事で紹介する武器でEXスキルがついている武器は六道武器のコキュ琴です。

 私は「渾身2」を使用していますが、渾身バフがかかっている場合は攻撃3以上の方がお得です。

 

 最後に。

 全ジョブ、マスターレベル最大、LBも主要な物を振り切っています。

 キャラもLBは振り切っており、覚醒レベルは最大の8、大抵は指輪厳選もしてあります。(耳飾りは……うん……)

 

 もしこの記事を試して「無理じゃね?」となった場合、そこらへんを気にしてみると解決するかもしれません。

 

◆両面黄龍0ポチ3チェイン編成[終末:渾身]

 キャラは超越120ウーノ、リミテッドランスロット、水着ゼタ。サブにリーシャです。

 武器は終末がアビダメ上限と渾身、シュレディンガー4凸、ミーレス琴3凸を採用。

 

 盛りに持った奥義上限と奥義与ダメにより、終末武器は渾身&アビダメ上限という舐めた状態でも届かせられます。

 届かなかった場合、奥義上限に変えるだけでも変わりそう。

 

 3回奥義+チェインバースト+リーシャの追加ダメージで2200万が達成できます。

 水着ベリアル石によるカウンターと、コキュ琴の特殊反応アビダメが残っているためまだ余裕があります。

 

 リミテッドランスロットが2回行動するなど硬直増えるんじゃね?という場合は、ヴァンピィ&ベスかヴェインに変えるとちょうどよいかと。

 

 両面黄龍編成の常識ですが、副団長アビが発動中は自石かサポ石をマグナに変えないと4チェしてしまうので注意。

 

◆AT用0ポチ3チェマグナ編成[終末:渾身]

 せっかくだからジャスティス剣を使うために主人公はベルセルクにしてますが、コキュ琴持ったランバージャックでいいです。

 キャラはゼタ、リミテッドランスロットエスタリオラ。サブにリーシャ。

 サポート召喚石は何でもいいです。

 

 サポート召喚石はカグヤを選んだので実質片面加護状態ですが、

 それでも奥義3回+チェインバーストのみで2200万が達成できました。

 水着ベリアル石のカウンターとリーシャの追加ダメージが残ってますのでよほどのことがない限り安定するかと。

 

 

 

 以上!

 

 試すまでもなかったなというのが今回の感想。

 特に硬直時間とか気にせず、0ポチ出来ればいいやの精神なので、今回は想定通りだったかな。

 新たな発見とかはなかった。

 

 5日に最終したアンがカウンター中に確定TA+30%追撃効果のサポアビを手に入れたので通常軸もキャラハードル下がったりしたんでしょうかね。

 シナリオイベントの戦貨箱から取り出したアクエン武器を食べさせて100にしておきましたが、私じゃ無理だろと試してすらいないわけですが。

 まぁ彼女には本戦で頑張ってもらいます。

 

 終わり。